サロンでの脱毛方法の種類

実際にサロン脱毛の経験があるかは別として、自己処理に限界を感じたことがない女性はいないのではないかと思います。
とはいえ、電車の車内広告からネット上にいたるまで、脱毛サロンは星の数ほどあるように見え、さらにネガティブな口コミやトラブルの噂も多く存在する分野ですから、どうやってサロンを選べばいいかわからない、という方も多いはず。
実際エステサロンでのトラブルがあるのは事実ですが、問題なく脱毛を済ませている人もたくさんいます。
エステサロンがたくさんあるということはそれだけ選択の幅も広いということなので、あまり目先の値段にまどわされることなく、技術や衛生面、ホスピタリティの各面で納得いくサロンを選ぶことが重要です。

さて、脱毛サロンを選ぶ上で知っておいたほうがいいことの1つに、脱毛方法があります。
現在脱毛サロンやクリニックで行われている脱毛方法は、大きくわけて「電気ニードル脱毛」と「レーザー脱毛」の2種類です。レーザー脱毛には、医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛にわけられ、前者は医療機器であるために医師のいるクリニックでしか使用が認められておらず、後者は美容機器とみなされるため、エステサロンでの使用が可能です。

電気ニードル脱毛は脱毛方法の中では歴史の古い方法です。毛の流れにそって針を差し込み、そこに電気を流すことによって毛根を死滅させ、毛を生えにくくしていきます。
1本1本処理するので確実性に優れていますが、特性上、脱毛前にはある程度毛を長く伸ばしておく必要があり、脱毛期間は露出が難しいという難点があります。
また個人差はありますが、針を刺す時に痛みが発生します。クリニックでの電気脱毛においては、痛みが強い場合相談の上部分麻酔をして施術することもありますが、あまりポピュラーではないでしょう。

医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛はどちらも光を利用した脱毛という点で共通点があります。
レーザー脱毛は光に指向性を与え、黒い色素にだけ反応し熱をためるという短時間照射の特性を生かして、毛根をは焼き切ります。
医療レーザー脱毛は、レーザーときいてイメージする光源の通り、単一波長の光をあてますが、フラッシュ脱毛では、カメラのフラッシュのような拡散光を一瞬照射します。
威力は医療レーザー脱毛のほうが上ですが、痛みや肌に加わるダメージはフラッシュ脱毛では軽減されています。
医療レーザー脱毛では1度の照射範囲は狭いものの、施術時間や脱毛完了までに期間は、一般的に短くすみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*